車の故障はいつ頃から起き易い?

車の故障は5年毎に大きな修理が必要になると言われています。
これは定期交交換部品の交換が必要になるということです。

 

こちらのHPも合わせてご覧ください。
>>キューブ 買取

 

部品の連動

 

各部品は各部分と連動していて、
定期交換などを行わないとまずその部品が劣化し故障します。
そしてその部品と関わっている部品にも影響を与え、負荷を与えることになります。

 

つまり定期交換部品をしっかり交換していなければ、
次々各部分が故障していくこととなります。

 

ディーラーで推奨しているメンテや点検を、定期的に行えば車は長く乗り続けることが
可能ですが、一般的にはディーラーの推奨するメンテは必要ないとされています。

 

このことからも、やはり各部品の寿命や車の寿命を左右させるのは自分であり、
長く大切に乗り続けていくのなら、それなりに車と付き合っていかなければなりません。

 

5年後とに大きな部品の交換があります

 

5年目にはバッテリーの交換やその他の部品の交換。
10万キロ手前にはタイミングベルトやウォーターポンプの交換が待ち構えています。

 

そのほかにも定期的にオイルやエレメントの交換、プラグの交換など
様々な交換や修理が必要になってきます。

 

定期的な交換をして長く乗るのを得と見るか、
そこそこのメンテだけで、車を乗り換えていくのを得と見るかはあなた次第です。