ワゴンRは下取りで売却するべきか

ワゴンRを下取りで売却すると高く売れるか。
これについては正直にいいますと、高く売れないでしょう。
むしろ損をする危険性があります。

 

下取りというと、その店舗で乗り換える車を購入することになるので、
下取り価格も多少頑張ってくれるだろう。
そう思う方が多いですが、高くは売れません。

 

下取りのメリットを間違って認識している方が非常に多いのです。

 

下取りのメリットを発揮できるのは、

 

・20万キロ前後の車
・15年落ち以上の車
・故障車

 

以上のような状態の車です。
つまり買取業者が買取を拒否するような状態の車ということですね。
そのような場合は2,3万円の下取り価格がつくケースが多いです。

 

上記の条件以外の車は買取業者で売却した方が、
圧倒的に高額査定がつきやすいです。

 

普通に考えてみればわかることです。

 

・ディーラーなどは新車を販売して利益を上げる
・買取業者はお客さん車を買い取って、その車を販売して利益を上げる

 

上記の2つを比べると、
中古車を欲しがっている明らかに後者の買取業者であり、
ディーラーは車を下取りしなくたって商売を続けられます。
これが下取りよりも買取の方が高い査定額がつきやすい理由です。

 

買取業者で売却する際にも注意が必要です。
それは、「ワゴンRを欲しがっている業者に売却する」ということです。
ワゴンRを欲しがっていない業者に売却したって高く売れるわけがありません。

 

ですから、高く売るためにはまず、「ワゴンRを欲しがっている業者を見つける」ということが必要です。
そのためには一括査定を利用しましょう。

更新履歴